rogoこんにちは。BASEBALL BIBLEはあなたの野球の知識を高めるための野球教材を販売しています。【教材の送料は無料です】




画像












150キロのストレートを投げれた男が、
なぜ成功できなかったのか?

元東北楽天ゴールデンイーグルス 佐藤 和宏氏 形式:CD(65分)
線

価格:¥1,980(CD)配送料無料

在庫あり。

この商品はbb-bible.comが販売、発送します。

ご注文いただいた翌営業日に発送します。
※万が一、発送が遅れそうな場合はメールでご連絡させていただきます。

画像

教材の説明
右投げから左投げに変えた理由とは?

なんと佐藤さんは、小学生の時に、右投げから左投げに変えています。
別に右腕が使えないというような大怪我したわけではありません。
それなのに、なぜわざわざ利き腕である右から左に変えたのでしょうか?
その理由を聞いてみました。

どんな練習をして150キロのストレートが投げられるようになったのか?

よく考えてみて下さい。
佐藤さんにとって左腕は利き腕ではありません。
にも関わらず150キロのストレートを投げられるようになったのです。
どんな練習をすれば150キロのストレートが投げられるというのでしょうか?
その秘密に迫ってみました。

ボールが速くなりだした理由とは?

高校時代のストレートMAXは135キロ程度。
大学時代に初めて140キロが出て、
そこから短期間で150キロまで伸びたそうです。
これは一般的には考えられない成長です。
ここまで短期間で急激に球速が伸びるという事は、
よほど基礎が出来ていたんだと思います。
177センチという決して大きいとは言えない
佐藤さんの体に、どんな能力が備わっていたのでしょうか?
スピードボールを投げれた理由を聞いてみました。

和製ランディ・ジョンソンがプロでぶつかった壁とは?

佐藤さんはドラフト時、左腕から150キロのストレートを投げるという事で
和製ランディ・ジョンソンと話題になりました。
もちろん150キロのストレートを武器に鳴り物入りで入団。
ところが、本人はプロに入って大きな壁があったと言います。
佐藤さんがプロに入ってからぶつかった二つの壁を、
あなたがプロに入るまでに知っておく事は無駄にはならないはずです。
プロ野球選手になるまでに、この事実を知っておいて下さい。

プロで成功している投手と成功していない投手の違いとは?

佐藤さんは言いました。
別に150キロのストレートを投げられなくても
成功している選手はたくさんいます。
確かにそうです。
140キロ前後の球速で勝ち続けている選手がいます。
その一方で150キロのストレートを投げれた佐藤さんが
成功する事はできませんでした。
この差は一体何なのでしょうか?
こう聞くと、「あっ、コントロールが大切なんだな」
なんて安易に考えてしまいましたが
そんな簡単な問題ではありませんでした。
成功している選手は●●を●●できているそうです。

150キロのストレートを投げる佐藤さんが、なぜ成功できなかったのか?

この質問に対する佐藤さんの答えに、
私は涙が出そうになりました。
プロに入るといろんな知識が入ってきます。
自分に合うも合わないもおかまいなく、
どんどんどんどん色んな意見が入ってきます。
あなたなら、それにどう対応しますか?
素直に受け入れて全てを自分のモノにしますか?
それとも、自分を貫き通して我が道を行きますか?
この選択が一番難しいと言っても過言ではありません。
首脳陣に嫌われたくない。でも、結果も欲しい・・・
そして、佐藤さんは言いました。
「全ては自分の責任なんです。」
この潔さに涙が溢れてきたんです。
あなたが、この苦しい場面に立った時、
どういう心構えでいればいいのか。
佐藤さんが教えてくれています。

もう一度プロに挑戦できるとしたら?

「もう一度、ピッチャーで挑戦したいですね。今後も左で!」(笑)
でも、次は・・・。この続きは買ってからのお楽しみに。

画像

佐藤 和宏氏 プロフィール

画像

1977年9月21日 熊本県出身

177センチ 79キロ

投球・打席    左投右打
ポジション    投手

熊本県立阿蘇高校
九州東海大学
本田技研熊本
大阪近鉄バッファローズ(2002−2004)
東北楽天ゴールデンイーグルス(2005−2006)

熊本県立阿蘇高等学校から九州東海大学を経て本田技研熊本(現・Honda熊本)に入社。

2001年に大阪近鉄バファローズからドラフト6巡目指名を受けて入団。
2004年に選手分配ドラフトによって東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。
2006年シーズン限りで戦力外通告を受けた。

なんと小学生の時に右投げから左投げに変える。
本格的に変えたのは中学生からである。

高校時代の球速はたった134キロ。
そこから150キロのストレートを手に入れたほどの努力家。

もっと驚く事に硬式野球を始めたのは、なんと高校二年生。
それでも、150キロのストレートを投げるまでに成長した。

画像

教材の内容
  • プロ野球生活を振り返って(1分54秒)
  • 右投げから左投げに変えた理由とは?(5分00秒)
  • どんな練習をして150キロが投げれたのか?(6分00秒)
  • ボールが速くなりだした理由とは?(7分45秒)
  • 和製ランディ・ジョンソンがプロでぶつかった壁とは?(6分28秒)
  • ●●●が苦手な投手にはどう教えればいいのか?(9分31秒)
  • プロで成功している投手と成功していない投手の違いとは?(13分03秒)
  • コントロールを取るか?それともスピードを取るか?
  • 150キロのストレートを投げる佐藤さんが、なぜ成功できなかったのか?(5分37秒)
  • もう一度、プロに挑戦できるとしたら?(1分34秒)
  • 最後にメッセージを(3分37秒)
画像

画像

画像

画像

画像

画像


ご注文はコチラから

CD ¥1,980

ボタン

送料は弊社が負担させていただきます。


画像

特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針

画像