rogoこんにちは。BASEBALL BIBLEはあなたの野球の知識を高めるための野球教材を販売しています。




画像












どれだけ才能があっても、集中力がなければ何も始まらない。

集中力を高める方法

日本福祉大学バレーボール部監督  川端 健太氏 形式:DVD版(50分)
線

価格:¥3,480(DVD)配送料無料

在庫あり。

この商品はbb-bible.comが販売、発送します。

ご注文いただいた翌営業日に発送します。
※万が一、発送が遅れそうな場合はメールでご連絡させていただきます。

線

教材の説明

天才を育てるには、『集中力』がなければ話にならない。

今回は、日本福祉大学バレーボール部監督の川端先生にお話しを伺ってきました。
なぜ、野球関係者ではなく、バレーボール部の監督から学ぼうと思ったのか?
それは、野球関係者からは出てこない発想を川端先生が持っていたからです。
例えば、野球関係者は選手を伸ばそうと思った時、体力、技術に目が行きがちです。
ところが、川端先生はこう言いました。
「体力や技術があっても、集中力がなければ何も始まらないでしょ?」と。
確かにその通りです。でも、そんな事にも気付きませんでした。
やはり、野球界の中からだけ学んでいたので視野が狭くなっていたのでしょう。


では、『集中』とは何なのでしょうか?

よく考えてみると、『集中力』が大事なのは理解できます。
当たり前と言えば、当たり前に必要な能力なのでしょう。
「集中しろ!」
という言葉は、少年野球のグラウンドでも、高校野球のグラウンドでも、
プロ野球のグラウンドの中でも当たり前のように使われています。
では、
『集中』とは何なのでしょうか?
『集中している』という状態は、どんな状態なのでしょうか?

それをハッキリと正確に選手たちに説明できますか?
もし、できないとしたら、それは無責任な発言でしかありません。
成功したから集中していた。失敗したから集中していなかった。
果たして、それは本当に正しいのでしょうか?疑問です。


では、『集中力』を高める方法とは?

ただ、集中の状態が分かっていたとしても、
どうすれば集中力が高まるのかを知らない人はもっと多いはずです。
川端先生が、その方法を教えて下さいました。


選手が集中しているかどうかを把握できるようになる!

この方法を実際に使ってみると、面白い事が分かったのです。
この方法を使って、選手のある部分を見ておきます。
すると、「集中してるな。」「集中力が切れたな。」という状態が
把握できるようになったのです。これは素晴らしい気付きでした。


選手が失敗したぐらいで怒っている場合ではない!

川端先生が、こんな事を言っていました。
「選手が失敗したぐらいで怒ってる場合じゃないんだよ。」と。
なぜ、怒ってる場合ではないのか?それは・・・、
どこで集中力が切れたのかを見極めないといけないからだそうです。
それを見極めて、それを選手に伝えて、改善していく。
そうすると、選手は改善点が分かり、行動しやすくなるわけです。
怒られてるばかりだと、選手は何が悪かったのかすら分かりません。
そうなると、混乱してしまうだけですよね。そう考えてみると、
実は、指導する側が選手の集中力を奪っていたのです。
それは、指導する側として力不足だと思いませんか?


選手の可能性を引き上げる大切な要素は『集中力』である。

川端先生の話を聞いていて、いかに集中力が大切なのかを理解しましたし、
この話は、ぜひ、あなたにも聞いて欲しいと思い、教材にする事にしました。


この教材を自信を持ってオススメします!

わずか3,480円で、野球人生の強力な武器を手に入れる事ができます!
この教材は必ず見て下さい!本当に素晴らしい気付きが得られると思います。

線

川端 健太氏 プロフィール

画像

川端 健太(日本福祉大学バレーボール部監督)

80%以上の選手が伸び悩んでることから
一般的な指導方法に疑問を抱き、大脳生理学、身体操作などを学ぶ。

学ぶことで得た知識をバレーボールに応用し独自の理論を確立。

2010年2月から全国各地でバレーボール教室を160回以上開催。

また、「野球がうまくなるための脳と身体の使い方」を紹介する
野球上達塾は2011年9月から50回以上開催。

「誰にも教えたくない」とおっしゃる指導者が多いがクチコミで広がり、
小学生と高校生を中心に2000人以上を指導してきた。

野球上達塾には、超有名大学野球部出身の指導者、甲子園で何度も
優勝経験がある高校や多数の甲子園常連校出身の指導者が参加している。

選手からは、
「やることが簡単で効果をすぐに実感できる」
「ボールが速くなりました」
「遠くまで飛ばせるようになりました」

指導者からは、
「ずっと教えたくても教えられなかったことを選手ができるようになりました」
「自分が現役の時に知りたかった」
「正直、悔しいです」と、好評を得ている。

線

教材の内容
  • 天才を育てるために大切な事は?
  • 集中力とは何なのか?
  • 集中力を高める方法とは?
  • 指導者が選手の集中力を奪ってしまっている?
  • 選手の集中力を高める●●●●●●●法とは?
  • ●●●●●●●法から分かるミスの理由とは?
  • 集中力を高める方法の応用編
  • できない選手への接し方とは?
  • 集中法は、いつやるべきか?
  • 大人が子供の邪魔をしている?
  • 怒っている暇なんてない。なぜなら・・・
  • 指導者も集中しておかないといけない。その理由とは?
線

画像

画像

画像

画像

画像



ご注文はコチラから

DVD ¥3,480

ボタン

送料は弊社が負担させていただきます。


画像

特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針